DV(ドメスティック・バイオレンス)/デートDV/セクシュアル・ハラスメントなど、その暴力から抜け出せます。全国の支援者が解決を支える活動をしています。

DV防止法

ドメスティック バイオレンス(DV)は、夫婦や恋人、婚約者、同棲相手、元夫、 以前つきあっていた恋人 など親密な関係ある、又はあった男性から女性に振るわれる暴力という意味で使われることが多いです。 が、被害者の性別は問いません。

身体的暴力
  • 平手で打つ、げんこつで殴る、足でける、かむ、髪を引っ張る
  • 首を絞める、引きずりまわす、物を投げる
  • 身体に傷をつける可能性のあるもので殴る
  • 刃物などの凶器を身体に突きつける
精神的暴力
  • 大声でどなる、「誰のおかげで食べられるんだ」と見下して言う
  • 殴るそぶり、物を投げるふりをして脅かす
  • 人の前でバカにしたり、命令口調でものを言う
  • 大切にしているものを壊したり、捨てたりする
  • ペットに暴力をふる
経済的暴力 生活費を渡さない、 収入や財産を知らせない
社会的暴力
  • 実家や友人とのつきあいを制限したり、手紙や電話を細かくチェックする
  • あなたを閉じこめる、外出を制限する
  • 外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする
  • 行動を監視したり、制限する
性的暴力
  • 見たくないのにポルノビデオやポルノ雑誌を見せる
  • 望まないセックスを無理強いする
  • 望まない妊娠や中絶を強要する
  • 避妊や性病予防に協力しない
子供を巻き込んだ暴力
  • 子どもに暴力をみせる
  • 子どもに危害を加えると言って脅す
  • 子どもを危険なめにあわせる
  • 子どもに自分の言いたいことを伝えさせる

暴力を繰り返し受けると、自分に自信がもてなくなります。

また、逃げ出しても生活していけないという経済的な不安、子どものために家庭を壊してならないという責任感、周囲の人に暴力が知られることは恥とする思い、家族や親戚から理解が得られない孤独、暴力を振るわないときの彼の優しさや、自分がいなければと思ったり、また「どこまでも追いかけてやる」との脅かしが原因で心理的に拘束され、度重なる脅かしから恐怖心が植え付けられ、加害者から「逃げられない」状態にコントロールされてしまいます。

続きを読む>>

暴力のサイクル

  1. 「緊張状態が蓄積される時期」・・・言葉の暴力や、脅迫が行われる。
  2. 「暴力の爆発期」・・・身体的・性的暴力がふるわれる。
  3. 「ハネム-ン期」・・・「俺が悪かった。もう2度としないから」など甘い言葉をかけたりする。

暴力を振るう加害者については、一定のタイプはなく、年齢、学歴、職種、年収に関係がないといわれます。人当たりが良く、社会的信用もあり、周囲の人からは「家で妻に対して暴力を振るっているとは想像できない」と思われている人もいます。

暴力の原因としては、夫が妻に暴力を振るうのはある程度は仕方がないといった社会通念、男尊女卑思想。妻に収入がない場合が多いといった男女の経済的格差など、個人の問題として片付けられないような構造的問題も大きく関係しています。

DVをする男性の特徴

  1. 嫉妬深さ
  2. 動物や子供への残虐性
  3. 支配的な態度
  4. 性的虐待
  5. 性急でせっかちな行動
  6. 言葉による暴力
  7. 相手への過剰な期待と依存
  8. 厳格な性別役割意識
  9. 孤立化と拘束
  10. ジキルとハイド、内と外の二重人格性
  11. 他人の前で恥辱を与える
  12. 脅迫的言動
  13. 傷つきやすさ、神経過敏
  14. 物にあたる

暴力の結果、被害者の身体にはあざや骨折、火傷などの外傷ができ、中にはその後何年も身体を患うことがあります。

また、精神的にも重度の不安、うつ症状、絶望感、無気力、人間不信、自殺願望など深刻な影響をもたらします。

暴力を見て育った子どもも深く傷つきます。情緒不安定、夜尿、無気力、無感情、うつ、不登校、などの症状が見られることがあります。

メニュー

出前講座

出前講座開催予定

連絡先

NPO法人えばの会
ebanokai@yahoo.co.jp
大分中央郵便局 私書箱122号

えばの会制作ポスター

ポスターをクリックすると、新しいウィンドウまたはタブでPDFファイルが開きます。

  • ドメスティック・バイオレンス(DV)Vol.1
  • 性犯罪など
  • 子供に対する暴力とは
  • ドメスティック・バイオレンス(DV)Vol.1