DV(ドメスティック・バイオレンス)/デートDV/セクシュアル・ハラスメントなど、その暴力から抜け出せます。全国の支援者が解決を支える活動をしています。

DV(ドメスティック・バイオレンス)について

DVを理解しましょう
~被害者が悪いのではありません~
暴力をふるわれる女性に原因があるのでは?

どんな理由があっても、暴力をふるう側に責任があります。

暴力をふるう人は「お前が言うとおりにしないからだ」などと被害者の責任にしますが、暴力はふるった側の責任です。

被害者が「私が悪い」と思いこむ必要はありません。

暴力をふるう人は、特別な人では?

いいえ、被害者の多くは社会的な信頼があり、ごく「普通の」人がほとんどです。

特別なタイプというのはありません。

暴力をふるう人は、学歴・年齢・職業は特定されないことが分かっています。

家庭で暴力を選択している男性が、外では穏和で愛想が良いことも珍しくありません。

子どものために、我慢した方がよいのでは?

父親の暴力を目撃する、物音や声を聞く、止めようとして殴られるなど、子供たちには色々な形で暴力で巻き込まれています。

DVがある環境の中で子供は、不安になったり恐れを抱いたり、その安全が驚かされています。

多くの子供たちの心身の発達や成長に悪影響を及ぼすDVは子供に対する人権障害であり、我慢する必要はありません。

どうして逃げないの?

逃げないのではなく、逃げられないのです。

暴力を受けることで、心身が傷つき、逃げる気力も体力も失われている場合、相手のコントロールにより、逃げること自体考えられない状態になっている場合もあります。

「別れたら殺す」、「逃げたら、親、きょうだいを殺す」と脅されている場合も多く、別れることは大変な困難と危険を伴います。

どうして、女性に暴力をふるうの?

加害者の多くは、家事・育児・介護は女性の仕事、妻は夫に従うものと思い込んでいるので、妻が夫の思うようにならない時に、暴力で妻を支配してよい、暴力をふるっても許されると思いこんでいます。

自分のしていることが、悪いことだと思っていません。

結婚している人だけに起こるもの?

ドメスティック・バイオレンスは、婚姻関係の中だけで起こるものではありません。

中学生・高校生・大学生・社会人のカップル・内縁関係でも頻繁におこっています。

「自分の彼女」は所有物という意識で自分の思い通りにしても良いという考えから起こります。

メニュー

出前講座

出前講座開催予定

連絡先

NPO法人えばの会
ebanokai@yahoo.co.jp
大分中央郵便局 私書箱122号

えばの会制作ポスター

ポスターをクリックすると、新しいウィンドウまたはタブでPDFファイルが開きます。

  • ドメスティック・バイオレンス(DV)Vol.1
  • 性犯罪など
  • 子供に対する暴力とは
  • ドメスティック・バイオレンス(DV)Vol.1